So-net無料ブログ作成
検索選択
デザイン ブログトップ

04.12.2011 [デザイン]






木曜日の夜。静岡でとあるShopの撮影があった。


撮影は順調に終了。もちろんそれが第一の目的、、、、


ただし第二ステージが用意されている。。。。。


まずは静岡おでんを食べる

そしてその後、、、、、、、、、、、、








_R8C6711.jpg








Barへ行く。






_R8C6696.jpg




そう静岡と言えば、倉俣史朗さんが設計した「コンブレ」がまだ健在。




_R8C6709.jpg




完成当初に撮影、その後一時違う店になったがまた復活、、、、、

静岡に泊まる時は必ず行く。。。。。

二年ほど前にPenの取材でまた撮影することに、、、、、


今回もフェイスブックに載せようとスマートフォンでパシャリなどとついつい、、、

でも画質良くないのね、、、あのてのカメラって、、、、


ということでPenの時の写真を再使用。



_R8C6688.jpg






_R8C6704.jpg







グラッパも旨い。





_R8C6699.jpg








_R8C6724.jpg



















24.02.2011 [デザイン]



再来週、3/9。インテリアデザイナーのトネリコの米谷ひろしさんによるセミナーが開かれます。
なぜか僕が聞き手役として登場いたします。。。。
よろしかったら覗きにきてください。。。。



以下商店建築社よりの紹介文です。

http://www.shotenkenchiku.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






4d639a4815d2b.jpg






2011年4月号で、小誌「商店建築」が通巻700号を迎えることを記念し、読者の皆様に向けた無料トークセミナーを3月9日(水)14時〜 東京ビッグサイトのJAPAN SHOP 2011会場にて開催致します。
メーンスピーカーとして「TONERICO:INC.」を率いる米谷ひろしさんをお招きし、聞き手役の写真家・淺川 敏さんとともに、TONERICO:INC.のデザインのこれまでと、今後クリエーションの向かう方向などを聞いていきます。

参加無料、事前登録制のため、お早めに以下サイトよりお申し込みください!!
http://www.shopbiz.jp/js/seminar/
日時/2011年3月9日(水) 
   14時~17時(13時30分受付開始)
会場/東京ビッグサイト 会議棟6階 
   607+608会議室(予定)
主催/㈱商店建築社 
協力/日本経済新聞社 
受講料/無料(事前登録制)  
定員/250名
申し込み方法/ JAPAN SHOP Web サイト( http://
www.shopbiz.jp/js/seminar / )からお申し込み下さい。
申し込み締め切り/3月2日(水)。ただし、先着順で
定員となり次第締め切らせていただきます。(席に余
裕がある場合は当日受付を行います)









^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


なにがでてくるんでしょう、、、、、、、、
















02.02.2011 [デザイン]




本日より六本木の21-21で「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展が開かれる。

http://www.2121designsight.jp/program/krst/

昨日プレオープンが開かれ一足早く見に行った。


とにかく感動した。
展示されている倉俣さんの家具はほとんど過去に出会っているもの、、、、
撮影したものもいくつも見受けられる。
二十年ーー三十年前。まだカバン持ちだった頃に出会ったもの、撮影をし始めた頃に出会ったもの、様々な思い出とともに眼に入ってくる。懐かしさに感動した、今見ても素晴らしいその存在に感動した、それらの影が見せてくれるもうひとつのかたちに感動した。正直なぜか写真を撮りたくなった、
バカちょんでも何でも良い、とにかく撮りたかった。そこにいることをなにかにレコードしたかった。が、さすがに美術館なので撮影しても良いかと尋ねたがご遠慮願いますと笑顔とともの返答だった。でもそのぶん記憶には鮮明に残ったかもしれない。


倉俣さんの作品は、晩年のものはいくつも撮る機会に恵まれた。
いちばん最後となったのは亡くなられたあとに完成した、「ラピュータ」だった。



08-Laputa.jpg





ある新しい雑誌を立ち上げるところがあり、その為に撮影した、
が時代はバブルがはじけた頃、
雑誌は出版中止になり、その写真はお蔵入りとなってしまった。





06-Laputa.jpg



倉俣さんご健在の時、たぶん最後の著書となったと思うが、
「未現像の風景−記憶・夢・かたち」という本のために、
空間ではなく、ディテールや、物撮りを頼まれた。




02   -Yoshiki Hishinuma.jpg







02-hanger.jpg










02-yamagiwa.jpg









倉俣さんの作品でいちばん衝撃的だったのは、AXISの地下にできた、「スパイラル」に出会ったときだ。「スパイラル」はつい数年前まで冷凍保存していたのだが、今はもう無くなってしまった。

現存している店は非常に少ないのだが静岡にあるバー「COMBLE」は一度違う店になったものの、もと「COMBLE」で働いていた方が今はオーナーとなってほぼできたときのかたちに戻し営業している。美味しいグラッパも多数置いてあってとてもよい店だ。できた当時雑誌「icon」の撮影で訪れた。そして昨年だったか一昨年だったか、雑誌「Pen」の取材でまた撮影をした。二十年以上たってふたたび撮影した店は、まったく変らない薫りがした、変ったのは僕が老眼になったことぐらい、でもその店を見つめる眼は二十年経ってもやはり変らなかった。 







_R8C6704.jpg
















デザイン ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。